2人のコーチ対談動画 クライアントとコーチの両面から

森コーチと私の
コーチング対談動画シリーズ 第二弾


コーチになる人は大抵コーチをつけています。

私もコーチングを受けてからその道を目指し、

今は天職と実感しています。

2人の自己紹介もあります。

詳しくはYouTubeの概要欄にあります。

ぜひ動画をご覧くださいね。

そしてチャンネル登録・いいねボタンも押してくださると

とても嬉しいです。

励みになります。

2人のコーチ対談動画 コーチングとの出会い

コーチング仲間と

コーチングについて対談した動画をお届けします。

1時間弱の対談を6編に分けました。

ご視聴いただけますと幸いです。

これからもコーチング動画をアップしていきますので

お楽しみに💕

チャンネル登録してくださると嬉しいです。

👍評価もよろしくお願いいたします。

小さな変化や幸せに気くことで・・・

新年や何かのきっかけで目標を立てる事が多いと思います。


私は目標立てても達成できないという方、
目標すら忘れるという方、
いきなり大きなところを見ているんだと思います。

小さなところに着目しましょう。

成功への道、特にプライベートの豊かさはゆっくりゆっくり変化していきます。

その変化に気づけるかどうかがポイント。

小さな変化や小さな幸せに気づいたら、
それは少しずつでもゴールただに向かっている証拠。

一気に大きく変化する人もいます。
そういう人たちと比べてしまって
「私は、、、」と自分を否定するとスタートに逆戻り。

一気に大きく変化する人がいたらそれはその人の人生。

私も少しずつでも変化していると
ポジティブに心の底から感じるために
「小さな変化・小さな幸せ」に気づくのです。

これが自己肯定感を高める秘訣でもあり、
この積み重ねがゴール達成の秘訣の1つです。

例えば、
・買い物でお店の人と話が弾んで楽しかった
とか

・綺麗に咲いている花を見つけた
とか

・フラッと入ったお店のご飯が思った以上においしかった
とか

この言葉の後に

・買い物でお店の人と話が弾んで楽しかった、幸せ。

・綺麗に咲いている花を見つけた、ラッキー♡

・フラッと入ったお店のご飯が思った以上においしかった、ツイてる♪

など、ポジティブな言葉をつける、

これが魔法の言葉です。

image

(カフェの氷がハートだった。なんだか嬉しい)

これらは昨日の私の出来事です。✨
この出来事にその都度感謝の言葉を伝えました。

最初は疑心暗鬼になっていてもいいんです。
やっていくうちにそれすら肯定できるようになります。
継続すれば、フッと壁を抜けるように 肯定できるようになります。

その時こそ、
小さな変化や幸せに気づける自分を作るチャンスなんです。
そして、それが自己肯定感を生むことにつながります。

やってみてね。

心理学セミナー オンラインで交流も! 小さな幸せに気づこう!

少人数制の心理学講座をオンラインで開催します。

人間関係に起こる問題に対して、心理学を活用したアプローチをします。
各回のテーマや協会については こちら を参照ください。

入門コースから心の足枷を外していき、
初級、中級、上級と心理の奥深くに進んでいきます。

これまでの参加者の声は こちら

今回から完全オンライン化に伴い、
対面のメリットも取り入れました。
セミプライベートクラスは2〜3人で開催です。

開始前にフリートークの時間を設けました。
早めに入っていただければ、
私とも仲間とも会話を楽しめます。

講座中もミュートにはせず、
いつでも自由に発言できるようにしました。
そうすることでリアルの感覚にも近づきます。

ラスト30分のフリートークは、
参加者が話したいこと・聞きたいことを中心に
みんなで話し合いやコーチングをしていきます。

参加者の声は こちら

⭐️開催日時は、
1回目は、3月11日(木)19:00スタート
その後は約2〜3週間に1回を目処に、
集まった時にみんなで決めていきます。

開催日時に縛られることなく都度決めていくので
忙しい方にも受講しやすくしました。

⭐️入門コースのテーマ
【1】 ニーズ・喪失     
【2】 ハートブレイク・復讐
【3】 投影・シャドー
【4】 罪悪感
【5】 コントロール・パワーストラグル
【6】 リーダーシップ

⭐️受講料
セミプライベート オンライン クラス
1回7,000円:全6回42,000円(税込46,200円)
 2〜3名ということでしっかり向き合って行います。
 シェアの時間も余裕があり、
 オンラインの前と後には交流の時間もあります。

⭐️オンライン
zoomで行います。
前日にURLをメールにて送ります。
オンラインですので、
北海道の方も沖縄の方も受講可能です。
いろんな地域の方と繋がりたいですね。

⭐️お申し込み・お問い合わせは
お気軽に こちら にご連絡ください。
題名には「心理学入門コース」
本文には「メールアドレス(再度記入)、お住まいの都道府県」

講師:一般財団法人ビジョンクリエーション協会(VCA)
   認定ファシリテーター&心理セラピスト、コーチ
   奥田かよ

福祉事業こそコーチングを!

福祉事業の社長から、
要となる女性リーダーを育てるために
コーチングの依頼を受けました。

福祉事業も様々ありますが、
国の助成金が出て成り立つ事業は
何かと規制がありますので
スタッフ側の中心にいる人は重要になります。

会社全体のカラーは社長ですが、
事業所のカラーはその要の人が
どう考え、どう動くか、どう発信するか

それによって円満になったりトラブル続きになったり、、、

私も保育所業をしている時、
各園のリーダーによっては大変なことが起こる
と言うことを体験しています。

介護系や作業所系はもっと大変だから

女性リーダーにコーチをつけて
孤独に寄り添い、才能を開いて、
と考えた社長はさすがだなぁと思いました。

利用者と世話人の間に挟まれて、
保護者と保育士の間に挟まれて、
リーダーは孤独になります。
そして私だけ、こんなに苦労するなら、とネガティブになりますが

コーチが寄り添っていると解決策を自らの中から出し、
これができそう、この人にはこうしてみてもいいんだ、と
本当はこうしたいんだけど、きっとダメだろうと思考が反対していたことも
コーチが「できるよ」と肯定して、実際にやってみるから本人の自信に繋がり、
自己肯定感も生まれ、リーダーに成長していきます。

育っていけば、彼女たちがメンタリングができ、
さらにリーダーが育つので
事業所を増やして利益を上げていける経営者となります。

受講しやすい形態の全6回のコースもあります。
自分の事業のために、
女性リーダー候補にコーチングをいかがですか?

お問い合わせは こちら

自分の考えだけで経営したい社長

経営者と話していていつも思う。

創業者でも2代目でも何代目でも
自分の力で、自分の考えで経営していきたいのだと。

誰が何を言っても、特に関係性が近いと聞く耳を持たないが、本当に困った時は聞く、聞いてくる。

周囲は意見を言ってもいうことを聞かないことも議論になることも知っているので
社長の話を話半分で聞くか、長年の慣れで答えないようにしていると
「意見はないのか」とキレる。

で、外部:たいていはコンサルタントに聞きやってみる。

でもちょっとでも機動に乗りかけると
アドバイスをすっかり忘れて自分流に。

だから欧米でコーチが一気に広まったんですよね。

コーチはその人の中にある隠れた願望や本質を
表に出して、気づかせて、答えを引き出す。

自分の中から出てきた考えだから
ワクワクしながらゴール達成を目指す。

ゴール達成を目指す人に寄り添って
その人に幸せと豊かさをもたらすのがコーチです。

小さな達成があると嬉しそうに話すクライアントは
子どものように目をキラキラさせて話します。

その瞬間が私が幸せを感じる瞬間です。

2021年 新年のごあいさつ

新年、あけましておめでとうございます。
昨年は格別のお引き立ていただきましてありがとうございました。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

昨年は感染症に始まり、感染症に終わった1年でした。
世界中で、誰もがどうしていいのか、政府もどう対応すればいいのか、試行錯誤の年でした。

今年も感染症に始まり、となります。
感染爆発で1都3県の緊急事態宣言が2月7日まで出され、春までの行方がわからなくなりました。

そんな中、私自身が乗り越えてこられたのは、
自分で行っているセルフコーチングであったり、
月1コーチングをしてもらっているお陰であったり…

自分の中から出てきたゴール達成までの道のり(方法)を忘れかけたら思い出させてくれて、ゴールまで迷わないようコーチが寄り添ってくれていることは、本当に『強い』と我ながら思います。

セルフコーチングはサポートとしてとてもいいのですが、それだけではネガティブに陥った瞬間に違う選択をしてしまうことも…

コーチングは決して安いものではありません。
なぜか?
コーチングで自分の人生が格段に良くなるからです。
ビジネスに大きな影響を与えて収益が変わるからです。

パーソナルでもパートナーとの出会い・円満、親子関係の改善、就職、転職など変化が現れます。

今がベストな変化のタイミングです。

2021年が皆様にとって良い方向への変化の年となりますように!

褒め言葉の受け取り方

褒めるのとお世辞とは違います。

クライアントに同じことを言っても
褒められたと喜ぶ方と
おべっか言われたととる方といます。

こちらから提供して、
受け取る受け取らないは相手次第。
受け取り方も相手次第。
それがその人なんです。
それも否定しない。

だからと言って褒めないのはナンセンス。

褒めていきましょう!
だって人は素晴らしいところがたくさんありますから。

そして人間関係の潤滑油。

褒めるって力になります。

いつも思うこと!

男性は褒められることに慣れていないし、自分が聞いていないわけだから褒めることも慣れていない。

昨日は褒めるワークをしました。

その中で私が言われたことは

  • すごく大きなことをしている
  • お手本
  • 目指す方向
  • 可能性を広げてくれる
  • 見せてくれる
  • 優雅
  • 優しい
  • エネルギーが高い
  • いい出会いがある
  • 物事の捉え方が勉強になる
  • スーパーウーマン、人間が違う
  • 考えられる方向にどんどん進む
  • エネルギッシュだけど外見は美しい
  • 以前と変わらないどころか美しくなっている

過大評価もあるかも知れませんが3名の方に言われた言葉です。

こう言われてポジティブにならない人はいないんじゃないかと思います。その後しばらくは何を言われても平気、みたいな感じにもなります。

他の方が言われていた言葉は

  • 真面目
  • 几帳面
  • 気配りができる
  • 仕事ができる、仕事に真剣
  • 可愛い
  • 綺麗
  • 声も素敵
  • 謙虚
  • 客観的に分析している
  • 発言に気づかされる
  • 着眼点がすごい
  • 柔らかい
  • 自分軸がしっかりしている
  • 愛されている
  • 物事をジャッジしない
  • 起こったことを淡々と受け止めている
  • 美しい
  • 明るい
  • さっぱりした性格
  • 家族を大切にしている

これらの褒め言葉を活用してみてください。仕事場でも、家庭でも使えます。

可愛いとか綺麗とかはセクハラにならないか?と心配になるかたは、それらの言葉はやめましょう。心配して頭の中にこの定義を持っていると、現実に引き起こします。

要は「言い方」「言葉の選び方」「時と場合」を考えて発言するとセクハラには取られない、ということです。

ただし、相手が「発言に対してネガティブにとらえる人」であれば不愉快に映るかも知れません。

例えば、「力を抜いてくださいね」と看護師さんが言います。

「そんなこと言われたってここは病院だし力を抜けるわけないじゃん」という脳内会話をするタイプは、何を言っても最初のうちは反発してくる可能性があります。

「力を抜く?抜けるかな」という脳内会話をするタイプは、そう言われるならそうかも知れないと条件付きで受け入れてくれる可能性があります。

褒めるって力になります。