自分の考えだけで経営したい社長

経営者と話していていつも思う。

創業者でも2代目でも何代目でも
自分の力で、自分の考えで経営していきたいのだと。

誰が何を言っても、特に関係性が近いと聞く耳を持たないが、本当に困った時は聞く、聞いてくる。

周囲は意見を言ってもいうことを聞かないことも議論になることも知っているので
社長の話を話半分で聞くか、長年の慣れで答えないようにしていると
「意見はないのか」とキレる。

で、外部:たいていはコンサルタントに聞きやってみる。

でもちょっとでも機動に乗りかけると
アドバイスをすっかり忘れて自分流に。

だから欧米でコーチが一気に広まったんですよね。

コーチはその人の中にある隠れた願望や本質を
表に出して、気づかせて、答えを引き出す。

自分の中から出てきた考えだから
ワクワクしながらゴール達成を目指す。

ゴール達成を目指す人に寄り添って
その人に幸せと豊かさをもたらすのがコーチです。

小さな達成があると嬉しそうに話すクライアントは
子どものように目をキラキラさせて話します。

その瞬間が私が幸せを感じる瞬間です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です