書籍「あるがままに生きる」足立幸子著

1990年代は東京都町田市に住んでいました。

二人目も生まれて子育てに忙しい日々の中、アパートのお隣に引越しされてきたご夫婦がご挨拶に来てくださいました。

あまりにも遠い話なのでうろ覚えですが、それはちょうど1994年。

ご挨拶のお品物にいただいたのが足立幸子さんの「あるがままに生きる」でした。

町田にギャラリーができて・・・、とても良い本で・・・、一度行ってみてください・・・、山川さんの翻訳本を出版するお手伝い・・・、精神世界の書籍を扱う会社に勤めているか、転職するのか・・・、そんな会話をした断片的な記憶があります。

高校くらいからパワーストーンの魅力にハマり、大学くらいからシャーリーマクレーンやエドガーケイシーなど精神世界の本を読んでいたので、お聞きして全く違和感を感じませんでしたが、手にした瞬間はどういう意味があるのか全くわかっていませんでした。

その週のある夜、子供たちが寝静まってから「そういえば本もらったよね」と思い出して布団に入りながら読み進め、4/5ほど読んで眠くなり、残り5分の1を残して寝ました。そこで何が起こったかというと・・・、

寝ている時に一人の女性が夢に現れました。40代くらいのパーマをかけようなふわっとした髪型のよくいる感じの女性。その女性は宇宙の何か大きな星(惑星)をバックに、周辺には小さな星たちが瞬いた中で話しかけてきました。

「あなたも子どもたちも “核” を持っているから・・・」。

この・・・は起きてすぐの時すでに思い出せなかったのですが、なんだろうこれは?と不思議な気持ちで目覚めました。翌日の夜に続きを読むと全てがわかりました。足立幸子さんは昨年亡くなられていてプレアデス星に戻られたと書いてあり、プレアデス星から私にメッセージを送ってくださったんだと気づきました。

そしてそのお顔も当時の書籍にはお顔があり、夢に出ていらしたその方そのものでした。最後まで読んで本当に驚きました。

で、早速そのギャラリーに行った覚えがあります。

そこはスペースSachi。当時住んでいたところから徒歩12分くらい。

そこは穏やかなエネルギーに包まれた空間で、本当は狭いんだけど、中に入るととても広い空間に感じました。ハンカチやメモ用紙、マグカップなど買って使っていた記憶があります。2000年に引越しをするまで年に数回は行っていたのではないでしょうか。

で、なぜこの話を書いたのかというと、この初回の出会いも含め、3回偶然この本と出会います。

2回目はペット事業をしているとき、私をずっと応援してくれていた飼い主さんがいらしてその方のご自宅に伺った際、「こんな本があるんだけど読んでみる?」と差し出された本が足立幸子さんの本。もちろん上記の出会いの話をして、その方とも話が盛り上がりました。

3回目はつい2週間前。

天使についての本を図書館で探していて、思った以上に借りる本が少なかったので他に何かないかな?と精神世界の本の棚を眺めていると、まさかの足立幸子さんの本を発見!本当にびっくりしました。ここで巡り合うなんて! 

家にあるのはわかっているのですが、思わず借りて読みました。再度読んでみてビックリ!「波動・直感・楽しいことだけする」はなんとなく覚えていましたが、『バシャール』のことが一説だけ書いてありました。

この頃に今のスピリチュアルで言われていることを

全て網羅した書籍だったとは!そんなすごい本を知らず知らずのうちに手にしていた私ですが、こうして書いたのはまだ意味があります。

この本を読んだ後、私の人生が必ず変化する!ということです。

初回読んで私の人生はその当時の私が想像できる範囲を超えて大きく変わりました。

2回目も再度手にして、やはり私が想像できる範囲を超えて大きく変化しました。

3回目、今回もおそらく想像もつかない世界に向かうのだと確信しました。

私のステージが変わる直前には足立幸子さんの書籍が目の前に現れます。

そんなお導きを受けられて全てに感謝すると共に、あの時のご夫婦にもお会いして感謝を伝えられたらと思います。足立幸子さんにはきっと夢の中でお伝えできると思うので。

もしどこかで目にしたら、手にとって読んでみてください。

きっと何かが変わります。

あるがままに生きるAmazon(アマゾン)907円

TV 家族になろうよ「犬と猫と私たちの未来」

保護犬。。。

何らかの理由で飼い主と住めなくなった犬たち。

犬が吠える噛むなど、犬の問題として手放されたというイメージが強いかもしれませんが、実態は「飼い主側」の身勝手な理由が多いです。

10年以上前ですが、「主人(医者)が懐かないから捨てろと言われたと連れてきたミニチュアダックス」とっても穏やかでいい子でした。精油1個をデパートの外商が持ってくるお家です。

体重が標準よりはるかに少ないので獣医が検診の時に理由を聞くと「たくさん食べるとうんちをするから」と若いカップル。その獣医師は飼い主を叱り犬を保護しました。

飼い主からの虐待の対象として飼われた犬。

人によって心に傷を負っている犬たちを癒すのもまた人間です。

こういう番組は増えると嬉しいなぁと思います。

譲渡の際、本当に犬を飼える環境かどうか譲渡する団体は根掘り葉掘り聞きます。

2度と人間の勝手で傷つけることをしないためです。

新しい家族に引き取られてからも、コミュニケーションがうなくいくようアドバイスをしてくれます。

先日も犬の写真をアップしていて預かり先を探していました。気になったのでメッセージをしてどんな状況なのか聞いたら「なぜそんなに聞くのですか」と返ってきました。

それは、犬も預ける方も預かる方もトラブルに発展させないためです。

動物の保護・譲渡の番組を見て引き取ろうと考えてくださる皆さん、多少手続きが面倒に感じても皆さんにトラブルがないようにとの配慮ですのでおおらかにお願いいたします。

https://www.nhk.jp/p/kazoku-n/ts/B211YRY5GQ/

光は闇に勝った・・・

これからは焚き火の時代ですね。

たまたま再放送のラスト7〜8分を見ました。

ゲストのトークは見てないので全体を見ると印象が変わるかもしれませんが、、、良い✨✨

焚き火は視覚というより、サウンドセラピーですね。

ちょっと話がズレますが、暗闇でロウソクの火を見るといつも思い出す一節があります。

「光は闇に勝った」

小学校の時に通った日曜学校で読まれた聖書の一節。

当時はそうだな〜と単純に思っていましたが

今は、男性が書いたんだねって思います。

モーツアルトの名言

いま読んでいる本に書かれていた言葉。
読んで安らぎを感じます。
モーツァルトを聞いて愛を育ててくださいね。

“天才を作るのは、高度な知性でも想像力でもない。
知性と想像力を合わせても天才はできない。
愛、それこそが天才の魂である。”

今日は心理学講座の日

初級コースも順調に進んでます。

今日は3回目の「競争」無意識の競争が人生や性格リレーションシップに多大なる影響を及ぼします。

大元を辿っていくと幼少期の親との関係。親から愛してほしいのに、自分の思うように愛してもらえないから欠乏感に陥る。

欠乏感の与えるダメージは大きくて、枝葉が伸びるように四方八方伸びていく。

その葉っぱは、無価値観や自己肯定感の欠如、罪悪感、、、みたくないか着たくないネガティヴな単語の羅列。

でも、原因を知り、自分に当てはめ、シェアをし、対処法を知り、実践することで手放せていけます。

もし、同じこと繰り返して手放せてないと感じたら、同じ罠に引っかかったとしても、、、

レベルが変わってませんか?一段上に登ったところで引っかかっていませんか?

螺旋階段を上がるように、同じところに引っかかったとしても階段は上がってますし、気付きやすくなっている、対処が速くなっているなど、必ず成長してます。

競争、私は誰と競争しているのか。

パートナーがいれば、ほぼほぼパートナーとの競争ですが、シングルの私にはやっと競争相手がわかりました。言えないけど。

だからVCAの心理学はやめられない♡

同じテーマで今夜もあります。その時に何が自分の心の中から出てくるのか楽しみです。

音楽と共に歩いた保〜大!!!

子供の頃を懐かしむタイミングがありました。少しシェアさせてもらえたらと思います。

保育園の年少からリトミックを習い始めました。保育園が音楽教室をしていたので保育園が終わってそのままリトミックを受けに移動します。

これが音楽を習う最初の出来事でした。

当時は働く両親の元にいる子は年少、年中と保育園、年長はほぼ幼稚園に転園だったので年長から数年はオルガン教室に通いました。

小学校に上がると日本舞踊を6年間。行儀作法を教えてもらったと思いますが幼いためほぼ記憶には残っていません。💦

小学4年生からは日曜学校なるものへ毎日曜日通いました。それは教会の子どもグループ。朝10時に集まり、大人と一緒だったかどうか定かではありませんが、ももこ先生が聖書やキリストについて話してくれて賛美歌を歌いました。

子ども時代に、音を感性で感じる事を学べて、しかも西洋と日本と宗教の音楽に触れたことは、今の私を形成しているように感じます。

その後、中学の吹奏楽部に始まり、中3で音大に行くことを決意し、全日本高校選抜吹奏楽団に参加してヨーロッパを演奏旅行をして周ったのは貴重な体験でした。

学びたい教授のいる音大にストレートで入り、音楽漬けの毎日、、、と言いたいところですが、他にも楽しい事が沢山あって学業に身が入らない事も多々あった大学時代でした。

ティファニーのディスプレイ『ホルン』

振り返れば、私の学びの時期は音楽なしでは語れないと気付けた事に感謝します。

この気づきが大きな転換を迎えるのかもしれません。

オキシトシンエクササイズwith Pet 10月開催日の告知

オキシトシンエクササイズ with Pet セミナーを開催します。

  • 10月17日(土)20:00〜21:30 ①前半
  • 10月18日(日)20:00〜21:30 ②後半
  • 10月31日(土)10:00〜13:00 ①②

※①前半と②後半の組み合わせでお選びください。

開催はオンラインで行います。

詳細は こちら

講師は私:奥田かよが担当します。

お申し込みは講師に直接お申し込みください。

お申し込みは こちら

件名に「オキシトシンエクササイズ参加希望」

本文に「受講希望日時(①前半と②後半それぞれご記入ください)・お電話番号・ペットの種類(種別・犬種など)」をご記入ください。

皆様のご受講をお待ちしております。

瞑想をしてみたい方、一緒にしましょう。(無料)

秋分の日をいかがお過ごしでしょうか?


私はお墓参りは昨日行きましたので今日は氏神様にお参りに行き、太陽にあたりながら散歩をし、自宅についてから瞑想をしました。

瞑想をする事で、本来の自分に戻れます。そしてとても穏やかに気持ちで過ごせます。ペット事業時代や保育事業時代はそんな時間すらありませんでした。

今はとてもありがたい時間が流れていきます。瞑想するといろんなことが浮かんできます。

最初の頃は雑念、他ごとを考えたり、、、そうしたらそれをなくして、また静かにしている。これの繰り返しでしたが、慣れてくるとだんだん頭の中が静かになり、フッと何かが湧いてきたりひらめいたり。

それは自分の内面のことだったり、仕事のことだったり、家族のことだったり、環境のことだったり。

そうすると不思議なことに1人じゃないんだって感じます。


瞑想に興味があったけどどうしていいのかわからないという方、一緒にやってみませんか?

特に日時は決めていませんが30分ほどご一緒しましょう。オンライン(zoom)で行いますのでお気軽に。

メール にてご連絡ください。

お名前とご連絡先と希望日時を第三候補までご記入ください。


9月24・25・26・28・29日の午前中でしたら1対1でゆったりとできます。

料金は必要ありません。

28日は午後でも可能です。

zoomが慣れていない方は開始時間の15分前からつなぐ練習もしましょうね。

私のエネルギーチャージの場所『椿大神社』

私が落ち着く場所、生まれ変われる場所があります。
その一つが『椿大神社』道開きの猿田彦大神がお祀りされています。

9年前にビジネスパートナーの経営者の方に連れて行ってもらい、巡り方を教えてもらってから大好きな場所になりました。

朝早く行くと、少しのモヤと凛とした空気、そして趣のある灯りが出迎えてくれます。

御手洗が終わってお社に進もうとした瞬間のこの景色が大好きです。

参道の途中に大黒様・恵比寿様もニコニコ笑顔で出迎えてくださいます。

この参道をゆっくり、お砂を踏む音を聴きながら歩くのも好き。

本殿。
このまま正面で参拝。
ただ、私はここが好きすぎて講員になったので左に曲がって御祈祷受付へ。

受付が終わり、始まるまで待つお部屋の床の間がこちら。
本殿内の写真は撮れないので室内はここまで。

この先はお祓いのお部屋があり、お祓いを受けてから本殿に上がります。
本殿で正式に御祈祷が行われます。

窓からの深緑の葉の色を見るのが好きです。写真に残せないのが残念。。。
そして禊の滝の音が涼やかに聞こえます。
左の耳で宮司様の声やお祓いの太鼓の音を聴き、
右耳で滝の音を聴いています。

一般の方はご祈祷が終わったらここで終わりですが、講員は奥の本殿で榊を納めるために
滝や深緑の葉を見ながら奥に進みます。
この時の自然の香りがとても清々しいんです。

奥の間で名前を呼ばれたら榊を受け取り、神殿に納めます。

この巡りで新しい自分になった感覚になります。

本殿を出たらお隣にある『椿岸神社』
天之鈿女命がお祀りされています。
猿田彦大神の奥様で、芸能や縁結び、夫婦円満の社です。

そのお隣には『かなえ滝』
私はよくパワーストーンをつけます。
心地よい場所です。

その奥に新しいお社があります。
その道の能力のある方とご一緒したときに
「奥田さんはこのお社と縁がありますよ」と言われました。
前に立つとなんだか特別親しみやすいエネルギーを感じます。

かなえ滝から道を進むともう一つのお目当て
『鈴松庵』が見えてきます。
私は毎回立ち寄ります。
中に座るとホ〜っとします。

ここでお茶をいただきます。
お部屋の掛け軸もお茶碗もお菓子も
季節の趣を感じるものに変わります。

9月はお月見ということでこちらのお茶碗でした。

ちなみに今年の十五夜・中秋の名月は10月1日です。

帰る方向に進むと、気づきにくいのですが
『松下幸之助社』があります。
写真はないのですが、このお隣に『行満堂』というお寺もあり、そこには七福神もいらっしゃいます。

参道に出る手前には難病平癒のお地蔵様もいらっしゃいます。

ここまでご祈祷も含めてゆっくりと回ると2時間弱でしょうか。

ここには書いてないことも色々ありますが、全国から、特に経営者の方々がご祈祷にいらっしゃる神社。

訪れてみてくださいね。

子どもが減っていく〜

令和2年度学校基本調査の速報値が公開になり、見ていました。

幼稚園に通う人数が減って、こども園に通う人数が過去最多。

小・中学校の人数、過去最少、高校も減少、

特別支援学校は過去最多、

これは8月25日に文部科学省が公表した速報値だから確定は12月に出ます。

教育関係者は考えないといけない数字ですね。なくなる学校増えますね。

どんな学校がなくなるのでしょうか。。。

公立小学校の統廃合はちょいちょい周りでも見ます。意外と都心部が多いように見受けられます。

私の卒業小学校も、もうずっと統廃合の廃校の方と噂されてきましたが、この一年でまあまあの大きさのマンションが乱立したため、子どもの数が増えました。

良いか悪いかは別として、卒業生の感情としてはホッとしますね。

3〜4年前は保育園の乱立があり、消える託児所もあり、複雑な思いで見ていました。

動物介在活動で訪問した保育園では、クラスの半数がグレーと言われ、ペットとの接触の仕方を保育士と念入りに話したのは5〜6年前。

断片的な書き方になりましたが、教育の流れではなく、根本は少子化対策にあると思います。