書籍「あるがままに生きる」足立幸子著

1990年代は東京都町田市に住んでいました。

二人目も生まれて子育てに忙しい日々の中、アパートのお隣に引越しされてきたご夫婦がご挨拶に来てくださいました。

あまりにも遠い話なのでうろ覚えですが、それはちょうど1994年。

ご挨拶のお品物にいただいたのが足立幸子さんの「あるがままに生きる」でした。

町田にギャラリーができて・・・、とても良い本で・・・、一度行ってみてください・・・、山川さんの翻訳本を出版するお手伝い・・・、精神世界の書籍を扱う会社に勤めているか、転職するのか・・・、そんな会話をした断片的な記憶があります。

高校くらいからパワーストーンの魅力にハマり、大学くらいからシャーリーマクレーンやエドガーケイシーなど精神世界の本を読んでいたので、お聞きして全く違和感を感じませんでしたが、手にした瞬間はどういう意味があるのか全くわかっていませんでした。

その週のある夜、子供たちが寝静まってから「そういえば本もらったよね」と思い出して布団に入りながら読み進め、4/5ほど読んで眠くなり、残り5分の1を残して寝ました。そこで何が起こったかというと・・・、

寝ている時に一人の女性が夢に現れました。40代くらいのパーマをかけようなふわっとした髪型のよくいる感じの女性。その女性は宇宙の何か大きな星(惑星)をバックに、周辺には小さな星たちが瞬いた中で話しかけてきました。

「あなたも子どもたちも “核” を持っているから・・・」。

この・・・は起きてすぐの時すでに思い出せなかったのですが、なんだろうこれは?と不思議な気持ちで目覚めました。翌日の夜に続きを読むと全てがわかりました。足立幸子さんは昨年亡くなられていてプレアデス星に戻られたと書いてあり、プレアデス星から私にメッセージを送ってくださったんだと気づきました。

そしてそのお顔も当時の書籍にはお顔があり、夢に出ていらしたその方そのものでした。最後まで読んで本当に驚きました。

で、早速そのギャラリーに行った覚えがあります。

そこはスペースSachi。当時住んでいたところから徒歩12分くらい。

そこは穏やかなエネルギーに包まれた空間で、本当は狭いんだけど、中に入るととても広い空間に感じました。ハンカチやメモ用紙、マグカップなど買って使っていた記憶があります。2000年に引越しをするまで年に数回は行っていたのではないでしょうか。

で、なぜこの話を書いたのかというと、この初回の出会いも含め、3回偶然この本と出会います。

2回目はペット事業をしているとき、私をずっと応援してくれていた飼い主さんがいらしてその方のご自宅に伺った際、「こんな本があるんだけど読んでみる?」と差し出された本が足立幸子さんの本。もちろん上記の出会いの話をして、その方とも話が盛り上がりました。

3回目はつい2週間前。

天使についての本を図書館で探していて、思った以上に借りる本が少なかったので他に何かないかな?と精神世界の本の棚を眺めていると、まさかの足立幸子さんの本を発見!本当にびっくりしました。ここで巡り合うなんて! 

家にあるのはわかっているのですが、思わず借りて読みました。再度読んでみてビックリ!「波動・直感・楽しいことだけする」はなんとなく覚えていましたが、『バシャール』のことが一説だけ書いてありました。

この頃に今のスピリチュアルで言われていることを

全て網羅した書籍だったとは!そんなすごい本を知らず知らずのうちに手にしていた私ですが、こうして書いたのはまだ意味があります。

この本を読んだ後、私の人生が必ず変化する!ということです。

初回読んで私の人生はその当時の私が想像できる範囲を超えて大きく変わりました。

2回目も再度手にして、やはり私が想像できる範囲を超えて大きく変化しました。

3回目、今回もおそらく想像もつかない世界に向かうのだと確信しました。

私のステージが変わる直前には足立幸子さんの書籍が目の前に現れます。

そんなお導きを受けられて全てに感謝すると共に、あの時のご夫婦にもお会いして感謝を伝えられたらと思います。足立幸子さんにはきっと夢の中でお伝えできると思うので。

もしどこかで目にしたら、手にとって読んでみてください。

きっと何かが変わります。

あるがままに生きるAmazon(アマゾン)907円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です