TV 家族になろうよ「犬と猫と私たちの未来」

保護犬。。。

何らかの理由で飼い主と住めなくなった犬たち。

犬が吠える噛むなど、犬の問題として手放されたというイメージが強いかもしれませんが、実態は「飼い主側」の身勝手な理由が多いです。

10年以上前ですが、「主人(医者)が懐かないから捨てろと言われたと連れてきたミニチュアダックス」とっても穏やかでいい子でした。精油1個をデパートの外商が持ってくるお家です。

体重が標準よりはるかに少ないので獣医が検診の時に理由を聞くと「たくさん食べるとうんちをするから」と若いカップル。その獣医師は飼い主を叱り犬を保護しました。

飼い主からの虐待の対象として飼われた犬。

人によって心に傷を負っている犬たちを癒すのもまた人間です。

こういう番組は増えると嬉しいなぁと思います。

譲渡の際、本当に犬を飼える環境かどうか譲渡する団体は根掘り葉掘り聞きます。

2度と人間の勝手で傷つけることをしないためです。

新しい家族に引き取られてからも、コミュニケーションがうなくいくようアドバイスをしてくれます。

先日も犬の写真をアップしていて預かり先を探していました。気になったのでメッセージをしてどんな状況なのか聞いたら「なぜそんなに聞くのですか」と返ってきました。

それは、犬も預ける方も預かる方もトラブルに発展させないためです。

動物の保護・譲渡の番組を見て引き取ろうと考えてくださる皆さん、多少手続きが面倒に感じても皆さんにトラブルがないようにとの配慮ですのでおおらかにお願いいたします。

https://www.nhk.jp/p/kazoku-n/ts/B211YRY5GQ/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です