コーチングが必要なワケ

こんにちは。コーチングの奥田かよです。

私は2011年に初めて1on 1のコーチングを受け、

その後、劇的に自分が変化し、人脈も変化しました。

2014年のアンソニー・ロビンズ幕張3日間のセミナーもマインドセットが大きく変化しました。

精神的・思考的な変化の上に肉体的変化も一瞬のうちに体感しました。

コーチングの重要性・必要性を体感・実感し、

これをもっとたくさんの方に広めようと起業いたしました。

例えば、

  • 思考が変わる、広がる、
  • アイデアが見えてくる、
  • 自分の中の答えが明確になり、何をするのかが見えてくる、
  • 生き方が変わる、
  • 言葉が変わる、
  • 姿勢が変わると
  • 繋がる方々も変化

ネガティブな考えは、家庭や学校など環境体験からのものであり、それを探ることで元々のポジティブさを取り戻したこともあります。

この辺りは心理学も加わってきます。

肉体的な変化といえば、

私は階段が苦手でいつものルートなら階段を使わなくていいルートをいくつか持っていましたが

アンソニーのセミナーの翌日、専門学校の教室へ行く際、1階から9階まで階段で登りました。

階段嫌いが今ではいい思い出となっています。

快適なお日様の下では、開放的になり、心の中がどんどん出てきて、どんどん整理されていきます。

コーチングやマインドセットは重要なんです。

コーチングを生業としている方もコーチをつけています。

私もそうです。

次の扉を開いていきたいから。

クライアントの最解適をその方の中から導き出したいから。

エフェカシーを上げていたいから。

理由を挙げればキリがありません。

コンサルタントは、ビジネスの業績を上げるために具体策をアドバイスします。それが使えるかどうか、当たるかどうかはわかりません。

コーチはビジネスの具体的解決策ではなく、成功するための思考やマインドを、その人の中にある答えを引き出します。

クライアントのプライベートもうまくいくように、

抱えている課題を、心の負担を軽くするために

心が鬱に向かわないために、孤独を払拭するために。

そう、必ず全員が自分の中に答えを持っています。

それを整理して、その人らしい最解適で行動できるよう導きます。

ビジネスに集中するためには、余計な課題に力を注がなくてもいいよう

自分の身の回りの環境を整えます。

家庭が安心・安定できてこそ、ビジネスでも力を発揮できます。

私は女性なので、家庭が安心・安定するための女性の感覚を

男性クライアントに教えることができます。

女性には夫・パートナーにどう接し、どう伝えていけばいいのかを

心理学も用いながら引き出していきます。

コーチングのご依頼・ご質問・お問合せは

「お問合せ」よりお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です