オキシトシンエクササイズ:with Pet

飼い主さんが愛犬からもっともっと好きになってもらう秘訣を知り、信頼関係を築き

なおかつ、飼い主も愛犬も免疫力を高める方法を伝授!

さらにそこに信頼感が生まれることによって得られる安心安全な場所。

安心でいられることは、ストレスも軽減でき、愛に満ちた場所。

それが家庭です。

それを飼い主さんが愛犬と一緒に作ってあげて、ご両親・お子さん、パートナーのために用意をする。

そして、免疫アップにも繋がり自律神経の調整にも役立ちます。

そこにはオキシトシンが分泌されますから幸福感でいっぱいになります。

この幸福感が高まることは、しあわせオーラを出していくことですから、

アンチエイジング、ダイエットにもつながります。

   (詳しくはセミナーで解説しますね)

日々生活をしていると落ち込むことも、悲しいこともあると思いますが、

一度オキシトシンを高める方法を知っておくと

その方法をその落ち込んだときに使えば、気持ちをあげてくれます。

要するに回復が早いんです。

家族の中心である方が学ばれると、とくに効果的。

家族の中心ということは、リーダーシップを発揮していますから

その感じで家族の心身両方の健康にもリーダーシップを発揮してください。

大好きな愛犬とエクササイズをすることで、

  • 愛犬との信頼関係が生まれる=問題行動が減る
  • ストレスが軽減できる
  • 安心安全な場所ができる
  • 免疫を高める
  • 自律神経の調整
  • 幸福度UP
  • アンチエイジング
⭐️家族全員にも伝播するのがこのエクササイズの最大のメリットです。

セミナーで解説しますね。

ペットと共に暮らしていると、幸せな気持ちになります。それは、様々なきっかけで幸せホルモン=オキシトシンが刺激されているから。 オキシトシンは幸福度を高めます。幸せなところに信頼関係が生まれ、愛が生まれ、より強い絆になり、思いやる心、安心感もその場には生まれます。そうすると、ペットは家庭内で問題行動を起こさなくてもいいんですよね、飼い主を信頼しているから。

だからこのエクササイズは、ペットが自宅に来た日から行なってほしいエクササイズなんです。

日時

8月は猛暑で愛犬もバテていますから一緒にリラックスできるよう開催します。

  • 8月16日(日)14〜17時
  • 19日(水)19〜22時
  • 23日(日)10〜13時
  • 29日(土)18〜21時

1回3時間のセミナーです。上記4回は全て同じ内容になりますから、どちらか1回の受講で大丈夫です。

※不定期開催のため、日程が決まりましたらブログやSNSで告知します。

内容

  • ハッピーホルモン:オキシトシンについて
  • ハッピーアロマ
  • happy see
  • ハッピーサウンド
  • ハッピータッチケア
  • happy eat
  • 動物福祉〜わたしたちにできること

※ペットと一緒に行うバージョンです。

オキシトシン エクササイズwith Pet講師養成講座テキストより

所要時間・金額

  • 約3時間
  • 9,000円+消費税(テキスト付)

参加

遠方の方はzoomでご参加いただけます。

詳しくは、お問い合わせくださいね。

YouTubeにて動画解説あります。 こちら

参加希望の方は、お問合せフォームよりお申し込みください。

下記の項目をご記入くださいね。

  • お名前
  • メールアドレス
  • 受講希望日
  • 愛犬の犬種・年齢

後ほどこちらからメールにてご連絡いたします。

高橋徳先生の書籍

※医師にしか表現できない言葉がありますので下記にオキシトシン研究の第一人者 高橋徳先生のHPから言葉を抜粋して掲載します。

【オキシトシンは神経ホルモンの一つで、脳内の視床下部で生成されます。オキシトシンは「思いやり」や「信頼」などの感情を促し、私たちの人間関係を築くのに重要な役割を果たしています。最近の研究成果は、愛と思いやりを生み出す生物学的な要因がオキシトシンである可能性を示しています。「他人を慈しむ、思いやる」という感情がオキシトシンを刺激するのです。

最初は女性機能に特有なホルモンとして発見されたオキシトシンですが、その後、男性の脳内にも存在することがわかってきました。オキシトシンは健康と社交性の両方に関わっているのですが、それはオキシトシンが『自己への働き』と『他者への働き』という二面性を持っているからなのです。

オキシトシンは、私たちの「社会の場における行動」や「積極的な交友関係の構築」に重要な役割を果たしています。 オキシトシンを媒介とした神経の伝達システムは、「仲間への忠誠心」や「共有する文化や習慣への忠誠心」を育てるのに重要な働きをします。】

高橋徳先生HP「愛と健康とオキシトシン」より