オキシトシンエクササイズ:ペットと一緒

ペットと共に暮らしていると、幸せな気持ちになることがあります。それは、様々なきっかけで幸せホルモン=オキシトシンが刺激されているから。 オキシトシンは幸福度を高めます。幸せなところに信頼関係が生まれ、愛が生まれ、より強い絆になり、思いやる心、安心感もその場には生まれます。そうすると、ペットは家庭内で問題行動を起こさなくてもいいんですよね、飼い主を信頼しているから。

だからこのエクササイズは、ペットが自宅に来た日から行なってほしいエクササイズなんです。

日時

不定期開催のため、日程が決まりましたらブログやSNSで告知します。

内容

  • ハッピーホルモン:オキシトシンについて
  • ハッピーアロマ
  • happy see
  • ハッピーサウンド
  • ハッピータッチケア
  • happy eat
  • 動物福祉〜わたしたちにできること

※ペットと一緒に行うバージョンです。

オキシトシン エクササイズwith Pet講師養成講座テキストより

所要時間・金額

  • 約3時間
  • 9,000円+消費税(テキスト付)

参加

遠方の方はzoomでご参加いただけます。

詳しくは、お問い合わせくださいね。

YouTubeにて動画解説あります。 こちら

※医師にしか表現できない言葉がありますので下記にオキシトシン研究の第一人者 高橋徳先生のHPから言葉を抜粋して掲載します。

【オキシトシンは神経ホルモンの一つで、脳内の視床下部で生成されます。オキシトシンは「思いやり」や「信頼」などの感情を促し、私たちの人間関係を築くのに重要な役割を果たしています。最近の研究成果は、愛と思いやりを生み出す生物学的な要因がオキシトシンである可能性を示しています。「他人を慈しむ、思いやる」という感情がオキシトシンを刺激するのです。

最初は女性機能に特有なホルモンとして発見されたオキシトシンですが、その後、男性の脳内にも存在することがわかってきました。オキシトシンは健康と社交性の両方に関わっているのですが、それはオキシトシンが『自己への働き』と『他者への働き』という二面性を持っているからなのです。

オキシトシンは、私たちの「社会の場における行動」や「積極的な交友関係の構築」に重要な役割を果たしています。 オキシトシンを媒介とした神経の伝達システムは、「仲間への忠誠心」や「共有する文化や習慣への忠誠心」を育てるのに重要な働きをします。】

高橋徳先生HP「愛と健康とオキシトシン」より